お客さまの声

お客様の声と、アーティストからのメッセージを掲載しております。


京都造形芸術大学カ カフェBREATH KUAD

ゲリラライブ/カルテット演奏 詳細クリック


-T先生より-
素敵な時間をありがとうございました。
風船が膨らむように音楽があちこちに広がっていくようでした。
なんだかカフェの上のほうに音楽の風船がふくらんでいくような感覚だったんですよね。
それが次第に隅々まで広がっていくような。



学生たちも未経験なことに挑戦すること、
自分たちの知らない世界がたくさんあることなど様々な学びがあったと思います。
広報や照明など反省点もたくさん出ていたので次のステップに歩み出していけると思います。

その分、皆さんには十分な対応が出来ず申し訳ありませんでした。

これにこりずにまた遊びに来て下さい。

ありがとうございました。


-N様より-

先だっては本学カフェ「BREATH KUAD」にて、

たいへんすばらしい演奏をどうもありがとうございました。

イベント後、カフェで演奏を聴いていたある学生たちと話をしたところ

「本格的な弦楽四重奏を初めて聴いた。とても感動した」

「こんなに近くで演奏を聴いたのは初めて」などの感想を口にしていました。

みんな、たいへん喜んでいる様子でした。


学生たちや教職員にすばらしい芸術の時間をくださったこと、

心から感謝をいたします。

せっかくのご縁ですので、またいつでも本学に遊びに来ていただければと存じます。

何卒、今後ともよろしくお願い申し上げます。



空間音楽デザイン 田中恵美より

「カフェテリア×音楽」としてコラボレーションさせて頂きました。

企画運営されておられる学生さん達との細かい打ち合わせで、

"ゲリラライブ″としてコンサートを開催することに。

カフェテリアで休憩する人、勉強する人、友人と談話する人・・・。

たくさんの人が集まるいつものCafeで、

「今日、ちょっといい事があった♪」 

と、そう感じて頂けるプログラムにしてみました。

映画音楽ポップスなどは学生さんたちにチョイスしていただき、

それにマッチしやすく流れを感じられるように、

クラシック曲はアンダーソンの作品をメインにしました。


美術系大学、木枠のステージ、オレンジの椅子。

このカラーから、アーティストの衣装は黒黒とし、

アーティストそれぞれの個性が光る素材やアクセサリーをチョイスし空間演出を図りました。


造形大学の学生さんの皆様と作り上げた、

「今日、ちょっと特別なCafe」

お楽しみいただけた様子で、大変うれしく思っております。

またご縁がありますように。


「着衣人物写生会」様  

写生会演奏家モデル派遣/フルート河内麻美


-K様より-
昨日はありがとうございました。
たいへん可愛く綺麗な方で、またドレスも皆さんが驚くばかりの衣装で、
フルートを構えられた姿はバッチリ決まりました。
素晴らしいモデルさんをして頂けて本当にありがとうございました。
とても良い写生会が出来、たいへん喜んでおります。
日暮れが早く、帰って頂く頃はもう真っ暗でした。
車での遠路の帰宅、何事もなく帰って頂けたでしょうか?
それがちょっと気掛かりで心配でしたが…。

今後も機会を見てまたお願いしたいと思っております。

どうぞ次の折りもよろしくお願い致します


-モデル 河内麻美より-

絵画モデルをさせていただくなんて初めての経験でしたので、

私に務まるのだろうかという不安もあり、緊張の中で会が始まりました。

皆さんの作品がどんどん出来上がっていくのを見てとてもワクワクしました。

同じポーズでも各々のセンスが色彩や筆使いに表れており、

体とフルートのサイズの比較を正確に捉えたり細かい刺繍を描くのが難しかったというお話が伺えたりと、

私にとっても素敵な思い出となりました。

今回はモデルとして参加させて頂き、本当に嬉しい思いでいっぱいです。ありがとうございました。


県友会様

アーティスト派遣/Tutto-Fare


この度は誠に有難うございました。
会員の満足度は極めて高く、
楽しい気分で帰られました。

クラシックコンサート以上に

素晴らしいエンターテイナーぶりに

心が揺さぶられた、

との感想が多かったです。


きっと、高齢者への心配りと

プロとしてのサービス精神に徹しられた、と。

私も感銘をうけ、感服いたしました。

トリオの皆様に私たちの謝意をお伝え頂きますように。

また、今後のご活躍を祈念申し上げます


ソプラノ田中恵美より

Tutto-Fareはバイオリン、ピアノ、ソプラノという大変珍しい編成のグループ。

この強みを生かしたプログラムを公演しましたことで、

「クラシックコンサート以上にエンターテイナー」との有難いお言葉を頂けたと感じております。

とくに、数百名の大きな会場でしたので、

飛んだり跳ねたり、大きく動きのある演出を考えたことで、

会場のすべてのお客様にお楽しみいただけたかと実感しております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



比較文明学会第34回大会 懇親会

アーティスト派遣 / 田中恵美 竹本玲美 亀山晴代


S先生より

先日土曜日は本当にありがとうございました。

熱があるにもかかわらず、

それこそ熱のこもった演奏をしていただきまして、

心から御礼申し上げます。


おかげさまで大会は昨日無事に終わりました。

大会最中は忙殺しており、

終了後も片付けに走り回っていて、

御礼を申し上げるのがすっかり遅くなりました。

そのうえさきにメールをいただいてしまいました。

失礼いたしました。


竹本玲美さん、亀山晴代さんにもぜひ御礼をお伝えください。

これをご縁に、今後ともなにとぞ宜しくお願いいたします。


チェロ田中恵美より

大会後の懇親会での余興演奏を承りました。

当日は立食パーティーのため、演奏は完全BGMでとのご依頼でしたが、

演奏がスタートしますと、参加者の皆様がコンサートと同じく静かに集中してご鑑賞くださいました。

打ち合わせでは30分の演奏予定でしたが、

参加者の皆様は大会の疲れもあられることや、立ったままご鑑賞くださっている事を考え、

その場でアップテンポの曲に変更、プログラムも短めに組みなおし、演奏いたしました。

S様にも、その臨機応変に対応したことに大きなお褒めの言葉を頂きました。とても嬉しく思っております。

音楽は「聴いて頂く」だけではなく、「その場を作る要素の一つ」であるべき場面もあります。

「今、何が求められるか」を常に考えながら、演奏をお届けしていきたいと思います。

ありがとうございました。